スイングするポップを作成した後に気をつけたいことなどを紹介

誰かが通った時の風などでふわりと揺れるスイング型のポップもおしゃれで多くの人空の注目を集めてくれます。製作をして手元に届いた後は、まずきちんとデザインした通りに出来上がっているのかチェックしましょう。一番アピールしたいプリント部分だけでなく、揺れるアーム部分にもプリントした場合にはそちらも確認して、何か違う点があった場合にはすぐ業者に連絡して下さい。大抵の場合は貼り付けるための両面テープもつけてくれている事が多いのですが、もしないようであれば自分で準備して貼り付けていくことになります。揺れて飛び出ているような状態になりますので、お子さんなどが触りやすいような低い位置に使うのはおすすめしません。取り外す時にはのりが残る事もあるので、注意してはがすようにしましょう。

もう一度作りたいと思った時のために

スイングポップを製作してくれる業者も多くなってきていますので、試しに作った後もう一度作りたいと思う事もあるのではないでしょうか。デザインもきっちり作ったものがあれば、不備もなく綺麗に仕上げてもらえたのであれば再度それを提出して作れば同じように納品してもらえるので、データは忘れずに保管をしておくと良いでしょう。ただし、業者によってデータ作成時のマニュアルもありますし、テンプレートも随時準備してあるので、調整しながら使うようにすれば失敗も少なくなります。もちろん、自分で作るのが大変な時には業者にデザインもお任せしておいて、いつでも欲しいものが使えるようにしておくと、慌てずに準備する事が出来るので綺麗なものが必要な時に手に入りやすくなるのでおすすめです。

製作したものを綺麗に使っていくために

オーダーして綺麗に製作してもらったスイングポップをより長持ちさせながら使っていくためには、使う場所の下準備もしておくと良いでしょう。出来上がればすぐにテープを剥がして貼るという方もいますが、設置場所は汚れや埃を拭き、水滴が付いているなら乾拭きしておきましょう。それからゆらゆらと揺れるアームの部分を軽くしならせるように曲げてから、設置場所に貼り付けます。業者にもよりけりですが、製造工程の関係上、ちょっとした小さなでっぱりや切り込み、でこぼこなどが出来ている事もありますので、取り付けるときなどは手指を切ったりしないように注意しましょう。基本的には短期で使うものという事で作られていますので、必要に応じて取り替えながら使っていくようにすると良いでしょう。